医学部の受験必須の理科の選び方は?

生物の最大のメリットは勉強をすれば確実に点数が取れること

/ 医学部受験の予備校比較なら 医学部予備校ガイド

これらが逆に苦手なのであれば、生物を選ぶ方が無難です。
一方生物を分析してみますと、最大のメリットは暗記項目が多いため、勉強をすれば確実に点数が取れるようになるという点です。
応用問題に関しても数学的な思考を加えた問題ではなく、考察や読解や記述力を問われる問題という事になりますので、着実に勉強を重ねていれば合格点ラインには達しやすいと考えられます。
理解さえしていれば満点近く取れるようになる物理とは違い、暗記して理解していれば取れるという生物ですので、高得点を狙えるのはどちらかというと、問題に当たりはずれがあればそこまで高くは望めない可能性もありますが、数学が苦手な方でしたら合格ラインを狙うためには生物の選択です。
生物の選択によるデメリットは、数学が苦手な方が物理を選択するときのような大きなデメリットはありません。
しいてあげるとすれば、高得点は物理よりも取りづらいといったところでしょう。
しかし合格を狙うのであれば、高得点ととる事よりも合格ラインに達しているかどうかという方が重要になります。
最難関といわれるような医学部ですと、物理選択者が圧倒的に多いです。
然しその背景にはもともと数学が得意な学生が多いという事も理由に挙げられます。
数学と物理は非常に思考が似ている部分がありますし、物理の中で数学的な要素も多く出てくるため、敬さんなどが得意な人は物理を選ぶという事も言えるでしょう。

医学部の受験では、理数系という事で特に理科は選択となります生物の最大のメリットは勉強をすれば確実に点数が取れること数学が苦手という事であれば物理を選択する方がおすすめ